2009年05月05日

寂しいと100回くらい思った

昇天ツアーin名古屋&大阪が終わった。

最後の名古屋と大阪。

名古屋はツアー1発目だけあって少ししんみりしながらのぎこちないライブ、ライブ中本当にいろいろなことを考えた。

大阪は逆になにも考えないでただひたすら完全燃焼した熱いライブ。

雰囲気は違ったもののどちらも一生忘れそうにないライブにできたことが満足。

ワンマンならではの客席とステージの距離もいつもより近づけた気がした。気持ちの面でね。

ライブ中、お客さんの顔をみると「もしかしたらこの中には今日が最後のミサの人もいるのか。」と考えるとものすっっっごい寂しい気持ちになった。

素直にまたライブにきて顔をみせてほしいと思った。


名古屋大阪では大して精力的に布教できなかったポワトリンなのにたくさんのお客さんがきてくれて本当に嬉しい。

残りのライブもそれぞれの会場で甲乙つけがたいいいライブにしたいと思った2日間だった。
posted by 銀芽 at 19:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。